borneorace.com

- 犬の血統書からわかる面白い情報と気を付けて欲しいこと

犬の血統書からわかる面白い情報と気を付けて欲しいこと

犬の血統書からわかる面白い情報と気を付けて欲しいこと
犬をペットショップから購入して、後日血統書が送られたり、ブリーダーさんから直接頂くことになって、血統書を渡されることがありますが、血統書というと、「この子は純血の犬種の子供」というのが証明になるのですが、ざっくりと見ても、何がなんだかわかりません。
ですが、見方がわかると面白いこともあります。
それをざっくりと紹介します。

血統書でなにがわかるのか

血統書でなにがわかるのか
血統書から、この子はどういう犬なのかというのは、さっと見ただけではわかりません。
今回は、JKC(ジャパンケンネルクラブ)発行方法に基づいての説明となりますが、特定の犬が加入できる協会発行の血統書もほぼ同じです。
血統書から何がみえてくるかというと、

・自分が飼育している犬の本名
・登録番号
・生年月日
・性別
・毛色
・DNA番号
・ID番号
・股関節や肘関節の評価
・両親から母方と父型それぞれ3代先までの血統
・チャンピオン取得歴
・協会登録日
・他に兄弟犬がいないかもしくは何番目の子供かの記録

が英語表記で記載されていますし、チャンピオン歴については、どこでチャンピオンとなったかの記録は省略して書かれています。
例えば、INT.CHと記載されていれば、「インターナショナルビューティーチャンピオン」という世界的なドッグショーチャンピオンという意味で、他にもいろんな大会のチャンピオンの表記方法があるのですが、CHと母犬や祖父母犬の名前の下に、Chの文字が多いということは、優秀な血統の子であるということが見えてきます。

また、登録番号やDNA番号、ID番号は、今飼っている子に何らかの事情があったときに、役に立つことになり、特に、ID番号はマイクロチップを体に入れたときの番号となりますので、行方知れずになった時に役に立つ番号になります。

不思議に思われる2点について

不思議に思われる2点について
それと不思議に思われるかもしれませんが、股関節や肘関節の評価というのがなぜあるかというのと、自分の犬に本名がなぜあるのかということかということですが、今存在する犬種は、いろんな血筋の犬を掛け合わせたので、股関節や肘関節に障害が出て生まれる子がまれにいる為、特にドッグショーを目指す方にとっては、この関節系の障害があると不利になってしまうため、チェック項目の中に入っています。

そして、本名があるというのは、これは登録上の問題で、いつも呼ぶ名前(コールネーム)とは別にブリーダーがそれぞれに名前をざっくりと決めて、犬舎名と日本で産まれたのなら「JP」と名前の最後につきます。
例えば、いつもは、「いちご」と呼ばれているプードルが血統書を見ると「アップル オブ ヤマモト ジェピー Apple of Yamamoto JP」と書かれていれば、山本さんというブリーダーさんの所でうまれた子ということになります。
しかし、最近普段呼んでいる名前(コールネーム)を血統書に登録できるようになりましたので、有料にはなりますが、裏面に申請欄がありますので、そこにコールネームを記載の上、JKCに登録することはできます。

よく誤解されることやできないこと

よく誤解されることやできないこと
あるサイトでは、「アレルギー歴がわかります」と紹介されていますが、アレルギーについては、産まれた時点ではわからないということと、血統書に特別記載する項目ではない為、アレルギー歴の記載はありません。
親犬がアレルギーかどうかは、ブリーダーさんに確認するしか方法はなく、親がアレルギーであっても、子供に遺伝しているということは、レアなケースで、まだ犬の世界では、血筋にアレルギーは関係するのかは立証されていませんから、血統書上ではわかりません。
また、今まで飼育していた犬が病気などで亡くなって、同じ血筋の兄弟姉妹犬がいれば、その子供を引き取りたいとお考えになる子もいらっしゃいますが、血統書で、兄弟姉妹の有無は確認はできますし、その亡くなった子の登録番号から、兄弟姉妹犬の登録番号を調べることはできなくはないのですが、JKCとしては、個人情報保護の観点から教えることはありません。

まとめ

100万円などという高値で売られている子の血統書をきちんと提示しているお店はたまにあります。
その血統書で父方と母方の血筋でCHの数が多ければ、確かに優れた子となりますが、その子を今後どう飼育していくかは、購入された方の飼い方次第で、すぐれた血筋であれば、ドッグショーの訓練など必要になり、飼育はとても大変です。
その子がチャンピオン歴がつけば、血統書に追加記載してもらうことはできます。
しかしながら、血統書があってもチャンピオン歴が全くない子もいます。
血統書のチャンピオン歴が見えてしまうと、がっくりしてしまうこともあるかもしれませんが、その子には何も罪はなく、血統書があっても大切に育ててあげることの方が大切です。

我が家の犬が突然「心臓病」と診断されてできること

最近ゼーゼーと愛犬がしんどそうにしていたり、元気そうなんだけれども、食欲が落ちてるかもと思って動物病院で
診察を受けて、突然「このこ心臓病ですよ」と言われるとびっくりされると思います。
心臓音の確認で雑音が入っていて、エコー検査などをして初めて、詳しい病気がわかるのですが、
突然言われてもパニックになると思います。では、どうこれから付き合っていくかを見ていきましょう

なぜ心臓病が出てきてしまうのか?

よく犬の心臓病で多いのが、「僧帽弁閉鎖不全症」と言われる病気がほとんどで心臓内の「僧房弁」の
働きが悪い為に、血液が逆流して心臓に負担がかかり、心不全や心臓に水が溜まったりする症状が
出てきます。そのため、投薬治療で僧房弁で何とか元気つけようとしたり対処するのですが、
突然発作を起こして亡くなってしまうケースもあります。
なぜ心臓病になってしまうのかは、はっきりした原因はまだわからず、一説には、人間と同じように
歯周病が原因ではないかともいわれています。
ということは、歯のお手入れも大事ということになります。

症状としては?

初期症状はほとんどでないか、ある日突然「ゼーゼー」と苦しそうな声を出して、呼吸がしずらくなったり、
食欲が細くなる、体重が急激に減る、失神を起こす、最悪はチアノーゼを起こします。
それと、お水を飲めていたらまだ助かる見込みはあるのですが、お水を飲まなくなったら
(大きさによりますが、250mlは取れて欲しいです)とても危険です。

治療法は?

心臓病でも、手術ができるものもあれば、僧帽弁閉鎖不全症となると、手術することは不可と
考えなければいけません。ACE阻害薬という僧房弁の力を低下させないようにするお薬を
一生飲み続けなければいけません。また症状に応じて利尿剤を飲ませる必要も出てきます。
また、いつも食べさせていた市販のドッグフードでは、心臓に負担をかけてしまう高カロリーな
ものも含まれていますので、動物病院で指定されるドッグフードを購入し与えるということになります。

心臓病の子の寿命は?

こればかりは、適切な治療を受けていれば、健康なワンちゃんと同じぐらいの年齢まで生きることは
できます。しかし、発見時の進行度や個体差がありますので、はっきりした寿命を申しあげるのは、
非常に難しいです。10年以上生きてる子もいるので、希望は捨てないでください。

毎月の診察のうえに、年に一度は大きな検査も

毎月お薬をもらった時に、診察を受けて、心雑音などの確認を受けますが、
年に一度はエコー検査などの検査はしておくと安心です。
もし、過去に手術を受けたのであれば、必ず定期的にエコー検査などの
精密検査は受けておくといいです。

更新情報

  • ●2016-08-01
    犬が前足を頻繁になめています。原因は?を新規投稿しました。
  • もしかしてストレス? 前足をなめるのは、犬によく見られるしぐさです。でも、あまりにも頻繁で毛が抜けてしまうほどなめているのであれば、ストレスがたまっているのかも知れません。 人間の赤ちゃんや幼児も、さびしくなると指をしゃ […]

Copyright(C)2016 www.borneorace.com All Rights Reserved.